狐狐庵

ニコマスでの活動報告や告知など

KAKU2 report #06 シークレットゲスト

シークレット選びの真相とはっ!?

公開前にやけに話題になってたのが、
「シークレットは誰!?」
ってことですかね。
そこらへんの経緯について。
ネタバレになるけど、おそらくここに来た上で
カクテル見てないという人はいないだろうからいいよね。うん。

カクテル1のシークレットがタイミング的に
物凄いことになってしまったわけですが、
あれも頼んだときには「お~これは意外だ!」
くらいのちょっとしたビックリ要素ってつもりでしたから。

そもそも、皆がひっくり返るような
特大のサプライズを入れてやるぜ!
とか、そこまで意気込んで考えている要素でもないんです。
基本的には、本当に「この人の普段とは違う姿を見てみたいな」という理由からですね。

そういうこともあって、皆さんがシークレットでバンバンあげるような、
所謂「正統派MADの大物P」という人選は基本的に頭にありません。

今回、当初のシークレット予定は2名。
とにかく「意外性」を重視して、
この人だったら面白いよねえ、きっと見てる人も喜ぶかな。
という感じで、ある方とある方に依頼してみました。

お一方は残念ながら連絡がつきませんでした。
その方のサイトは既に放置状態だったので、
これは覚悟はしてました。

もう一方は、丁寧な返信を頂き、
真剣に考えていただいたのですが、
現在の状況では難しいということになりまして、
これも実現できず。

そうこうしているウチに参加者申込の日になってしまいまして。
はじめはもう、断られたらシークレット無しでいいかなと思ってたんですが、
まあなんというか、企画屋根性として、せっかくなら仕込みは入れたい。
そんな気持ちが芽生えてきて、やはりシークレットは入れようと考え直しました。
ただし、時間的に余裕がないので、すぐに交渉が可能な、IRCで探すことに。

さて、IRCの参加者一覧を見ると、いきなり一番上にいらっしゃいました。
ダンスMADとは畑の違う方が。
aikawaP(哀川翔P)ですね。

「あー、そういえば春夜シリーズは見ていたなあ。
視聴者としてライトな私でも知ってるし、
しかもあまり企画モノに参加するというイメージも無い。
シリーズものを手がけている人が、単発の作品を提供してくれたら、
これは価値が高い。ニヤリ」

そういうわけで、お願いしようと決めました。
あまり回りくどい方法は好きではないので、
トーク(IRCで2人だけで話す手段)を飛ばして、
もうそのまま「カクテル2のシークレットとして出ていただけませんか?」と
そのときの哀川翔Pの心の動きなどは、ご本人のブログをご参照ください。
とにかく爽やかに「いいですよっ!」と快諾して頂きました。
さすがアニキだね。COOLだよ!

哀川翔Pのブログには冗談で
「名前順で決めました」と書きましたが、完全に嘘ではないですねw
いきなり美味しい獲物が目に付いてしまったので、猪突猛進をかけたわけです。


さてシークレットはもう一人必要。
IRCの参加者をずらーっと見ていたんですが、ふと考えた。
「2人シークレットを呼ぶなら、同じ方向性(意外さ)ではなく、
裏の裏をかいて、皆さんがド本命に予想しているゲストを招聘してみよう。」
そうなると、最も有名なニコマスMADの製作者である、あの方になるわけです。
勿論、しーなP(神)ですね。
神とかつけましたが、本当に私にとっては別世界の人ですから。
IRCでもそれほどお話したことなかったので、人となりもそんなに分からない。
「何で俺様がそんなチンケな企画に出なきゃいけないの?」
とか言われたらどうしようとか、悪い方向ばっかに考えてました。

ただシークレットとして呼びたいなと思う最大の理由は、
皆さんもそうだと思いますが「しーなPの新作が見たい!」
これですよね。どれだけの人が首を長くして待ってるだろうかと。

そう考えるともう、しーなPしかターゲットが見えなくなりましたので、
意を決してトークでアタックです。
ちょっと怯えながら切り出してみましたが、
実際話してみると、しーなPは本当に柔和な方でして、
「みんな上手いからなあ」とつぶやきながらも、
これも快諾頂けました。


これにて2人の豪華なシークレットが目出度く決定したわけですが、
ここから急展開で、募集人数を60人に増やしてしまったわけです。
もともと動画の公開は、1日最大20人までと計算してましたので、
そうなると公開は3日間になる。
どうせなら1日に1人シークレットがいた方が面白いだろう。

3人目、DSPですね。
DSPとは、人数増大の決断をしたとき、
たまたまコンタクトが取れる状態にありました。
それで、3人目は「国際枠」に出来ればいいなと考えました。
実はこの時期、DSPは学業で少し忙しかったそうなんですが、
何とか作れそうだということで、引き受けて頂きました。



ちなみにシークレットの方も、こちらからの依頼という点が異なるだけで、
他の部分では、申込んで頂いた参加者と全て同じ扱いをさせてもらうというのが、
カクテルの決まりです。
当然「こういうMADを作ってほしい」などというリクエストは一切言いません。
テーマやアイドルで便宜を図ることもなく、
お題を伝えたら、あとはそれを自由に解釈して作品を仕上げて頂きました。

お題の決め方ですが、申込という手順が無い為、
哀川翔PとしーなPには、
「1~30の中から、好きな数字を言ってください」
と聞いて、その数字を申し込み番号の代わりとしました。
哀川翔Pは伊織で何ら問題ない感じでしたが、
しーなPはあずささんは殆ど育てたことがなかったそうで、
結構困ってらっしゃいましたねw
ちなみにDSPの場合は、既に参加申込が開始していた状態でしたので、
参加の承諾を頂いた時点で、そのまま次の申込番号に入ってもらいました。
スポンサーサイト

コメント

arakawa77 #feDURFr.

相変わらず裏方が見えるのは面白い!
シークレットについて、前回は思わず声を上げてしまうくらいの驚きだったので
一番楽しみなところではありました。ニコマススレでも大勢の名前が上がってましたが
やはり意外性のあるPしか来ないだろうと思ってたので、想像するのが楽しい。
オンナスキーPでも名前出しでしたし。。でも私が想像できたのはしーなPだけでしたw

シークレットはやはり企画側からの依頼だったんですね。オファーを出す一連の過程も
なるほどと思うと同時に、色々大変だなあと感じました。
見えないところでの話し合いや調整はまだまだあったと思いますが
きつねPのフットワークの軽さと思い切りの良さ、判断の早さはとってもリスペクト!

2008.02.16(Sat) 23:01 | URL | EDIT

きつね #-

>arakawa77 様
M月Pは、ほんとタイムリーすぎましたからねえ。
しーなPは、私のヒネクレ具合を知っている人ほど意外に感じる人選かもしれませんねw

前回同様、ありがたい事に、意外な方々が参加して頂いて、
そのおかげで「むしろ○○Pをシークレットにしてくれよ」とコメを頂いたりしますが、
普通通りに申し込んで頂いた方に「シークレットになりません?」と聞くような、
野暮というかヤラセというか、そういうことはしたくないのでw

2008.02.17(Sun) 10:57 | URL | EDIT

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きつね

Author:きつね
きつねは寂しくても死なないと思いますが、気軽にコメ入れてやってください。

my works

狐狐庵 検索

Games

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。