狐狐庵

ニコマスでの活動報告や告知など

KAKU-tail 6 後半戦!



iM@S KAKU-tail Party 6 多くの方々に見てもらえているようで嬉しいです!
今回は3日×2週の6日間体制。つい先日公開した2週目に向けたPrologue 2 で、一番プレッシャーのかかる動画制作のお仕事は終了。
(当初はフィナーレも作る予定だったけど、Prologue 2を公開直前のギリギリまで制作することになりそうだったので、さきかけPとSeiPにお願いすることにしました。)
いやあ、2本立て続けに締切に追われながら作るというのは、流石に心臓に悪かったw
てことで、今回はこのPrologueのお話などを。
KAKU-tailでは、いわゆる「告知CM」は基本的に作らないので、この動画は、祭りの開始を告げる合図という役割に加えて、本編のスケジュールを告知するCMとしての役割も持っている。

企画を立ち上げて初っ端のCMには、開催することをはじめて皆さんに表明し、そして参加者を募集する、という2つの大きな目的がある。
このPrologueは、はじめて参加者を公表する場なので注目してもらえる。だから、ここで本編動画の公開日も案内している。
この2つの動画の投稿日は2ヶ月以上空いているけど、その間に告知CMなどを投下することはない。
まあ、この間に新たに伝えられる、興味を喚起する情報が何もないからなんだけど。

「既存の情報を公知するだけのCM」「新情報を提供できない告知動画」じゃあ、よっぽど物凄い動画でもなければ、避けられてしまうだろう。「なんだーただの告知CMかー」とスルーされてしまうことが多いかなーと。少なくとも視聴者としての自分はそうだ。

再生数を稼げないCMでは、告知としての効果が薄いので、制作の労力に見合わないということになる。
そういうわけで、その分Prologueに一点集中!みたいな気持ちで気合は入れて作ってる。

まあクオリティを追求するならば、本来は誰かに依頼すべき所なのかもしれないんだけど、パーティーの参加者を玄関先で迎えるホストのつもりで、ここだけは自分で作ることにしている。


今回は2週開催ということで、プロローグも2つ必要かなということになり、企画の概要が固まった段階で、早速このプロローグに使う曲も考え始めた。
さて、今回は一体どういうジャンルから持ってこようかと考えていたところで、ある日ふと「ボカロ曲で何かいいのないかな~」と思い立つ。

これまで自分は積極的にボカロ曲を聞く機会が無かったので、代表的な曲も殆ど知らない。
今までのカクテルで誰かが使った曲とか、そういうのをたまたま知っている程度。
それだけに、逆に自分が知らなかったけどいい曲ってのがいっぱいあるんじゃないかなーと期待していた。

はじめは知り合いにオススメ曲を教えてもらったり、「ボカロ テンションの上がる曲」とかでぐぐって探して、そこでオススメされているのを聞いていた。
幾つか良い曲があって、それをマイリスに入れたりはしていたんだけど、いまいち自分のイメージする「プロローグ向け」という部分で、決定打に欠ける。
そして次に、確か「Vocaloid」タグを再生数順に並べて上から開くとか、ド初心者丸出しで曲探し。
そしてアッサリ見つけたのが、このシンプルなサムネが印象的な「ワールズエンド・ダンスホール」。
上から10番目くらい、300万再生オーバーなので、おそらくボカロファンなら全員知ってる有名曲でしょう。
まあ無知というのは時に強みでもあって、何の物怖じもせずこの曲で作ることに決めた。

ボカロ曲については、調整の具合が自分の耳に合わないのか、聞いていると頭が痛くなるような楽曲が時々あったりする。
また、初音ミクの消失みたいな、ボカロ向けに特化させたような曲以外は、人間には流石にまだ敵わないと思っている。
そこで最初グーグルで探していたときは、良いメロディの曲があったら、それの「歌ってみた」を探していた。
実際ボカロ曲で作るときも、歌ってみたで作るつもりでいた。

でもこの「ワールズエンド・ダンスホール」、調整が自分に合ってるのか、メロディがボカロ向きなのか、はたまたコーラス(ミクとルカ)の具合がいいのか、元曲を聞いていても全然嫌な感じがしない。
メロディとミクの歌声がとても小気味よくて、聞いててとても楽しい。久々に車の中で1曲ループさせても苦痛じゃない曲。
それくらい気に入ったので、この元曲でそのまま作ることに決めた。
まあ何故か、この曲の歌ってみたは男性が歌っているのばかりだったという理由もあるんだけどw

さて1曲目が決まり、もう1曲目はどうしようかと。
もう安直に考えた。「御三家(笑)」つながりということで、もう東方しかないな!ということでw
ただ、東方のボーカルアレンジ曲を幾つか聞いていったんだけども、イマイチティン☆とこない。
ニコ動では使い倒されていて食傷気味な人も多いと思うんだけど、やっぱり「Bad Apple!!」は圧倒的に良い曲だな~という思いが強くなっていく。
そういうわけで、腹を決めてこの曲で行くことにした。


さて、曲が決まった所で次の課題、プロローグに必要な立ち絵を描いてくれる方。
今回、貴音と響が新たに加わるので、13人分描いてもらわないといけない。これは相当作業量がとても大変。

6月頃、イラストを描いてくださる方を募集した際に、何人かの方が立ち絵を描いてもいいと応じてくださった。
大変恐縮ではあるけれども、こちらの作ろうとしている動画のイメージを考えて、その中からPセプターさんにお願いすることにした。
ちなみにこのとき、ガス山さんも募集に応じてくださっていて、今回の本編アイキャッチをお願いしたところ、こちらもご快諾頂き、「カクテル史上最もエレガント(by Die棟梁P)」なアイキャッチが出来上がることとなった。

そういうわけでようやくPrologue 1の始動。
Pセプターさんに使用曲を伝えたりしてお話していくうちに、アニメ「Tiger & Bunny」の設定をモチーフにした衣装にしたいというご提案。
その時はそのアニメは知らなかったのだけど、ちょっと調べてみたら面白そうだったので、その路線で行くことに。
ラフを見せてもらって、たまにこちらの意見も言ってみたりして、一枚ずつイラストを上げていただきました。
現在、その立ち絵は公開されているので、DLして頂けると分かるんだけど……
コスチュームの中身までしっかり書きこまれております。
最初立ち絵を頂いたときは「Oh......」と思ったけど、せっかくなのでスタッフ紹介のところで使わせて頂きました。
(本当は企業ロゴのところにスタッフの名前を入れ替えるために、ロゴが消せるようにしてもらったけど、(技術的に)上手く出来なかったので取りやめた...)

一方、Prologue 2の方は、Bad Apple!!で作ると決めた段階で、なるきさんのところへお願いに上がりました。
「確かしばらく前から、なるきさん東方の絵を良く描いてらしたな~」と思いだしたので。
コミケの日程とだいぶ重なるので大変なのは目に見えていたんですが、それでも引き受けてくださいました。
「東方キャラのコスプレ、配役はお任せで!」という酷い投げっぱなしの依頼ですw
あ!「巫女は春香、魔女っ子は美希ですかね!?」というのは言いましたよ!どうです凄く予想外の配役でしょ!?
……ま、まあ、立ち絵も勿論ですが、このサムネイル用のイラストがまた可愛くて気に入ってます。
私服と東方衣装と2バージョンも描いて頂いたので、せっかくだからこれも演出に活かそうと思い、両方使わせて頂きました。

相変わらず追い込まれないと出来ない性質で、今回も「もっと余裕を持って作ってればあああ」と盛り込めなかった部分、詰め切れなかった部分を見て激しく後悔しているのですが、時々お褒めの言葉を頂いたりもするので、最低限の仕事は出来たかなと胸をなで下ろしています。
動画の解説をしっかり出来ればいいんだけど、AEの3D空間に立ち絵置いて、カメラ動かしているだけかな・・・特にこれといったことしてるわけじゃないんだよね・・・

とまあそういうことで、KAKU-tail 6 、いよいよ今日から第2週目、4th nightの開始です。
さんざん生放送を事前にやって煽ってるけど、開催当日に生をやらないのは、動画にコメを入れて欲しいから。
ですので、お酒や飲み物などを脇に置いて、動画にコメをガンガン打ち込みながら見てください!

リンク:Pセプターさん
リンク:なるきさん 
リンク:ガス山さん
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きつね

Author:きつね
きつねは寂しくても死なないと思いますが、気軽にコメ入れてやってください。

my works

狐狐庵 検索

Games

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。