狐狐庵

ニコマスでの活動報告や告知など

アイマス2騒動について

経緯はコチラをご参照

収まる気配を見せないアイドルマスター2騒動 - 敷居の先住民

ここらへんでいろいろあったことをまとめつつ私見。
以下、現在の情報で「アイマス2本編でプロデュース出来ない」とされているキャラクターを、便宜上「NPC」と称しておく。

問題点としてあがっているのは4点かな
・無印で選択可能だった4キャラクターが「竜宮小町」としてNPC化
・男性NPCユニット「Jupiter」の登場
・オンライン対戦無し
・CDの売上によって、その後発売予定の曲の歌い手を決める?
 (追記:情報未確認です)

まあ、最近、絶好調で生廃してるので、そこで散々言ってしまったんだけど、自分なりの整理のつもりで。



敷居氏が書いている通り、騒動の根は「無印で選択可能だった4キャラクターのNPC化」だろうね。
これが無ければ、他の問題について妥協できた人も多かったと思う。

自分も無印アイマスでは「伊織」がお気に入りだったので、そういう部分での残念な気持ちはあるけれども、単純に「俺の嫁が使えないのが許せない!」ってことじゃない。

アイドルマスターというのは「765プロのアイドル達を『あなたが』プロデュースしてね!」っていうゲームだと思ってた。
よしロリトリオでいくか!次はゆきまこだな!ACMもいいぞ!と。

この11人がいる765プロが、物語のベースなんだ。
そのために、みんな千早とあずさの見分け方を勉強したんですよw
11人それぞれが、互いに補い合うような異なる魅力的な個性を持っていて、イメージカラーが被らない様に設定されているおかげで、最初は特定のキャラしか興味がなくても、それがだんだんと広がっていって、この11人の相互の関係を設定から脳内補完したり出来たわけだ。
今までずっとこの11人を一団として、バンナムさんもアイマスとその関連商品をプロモーションしてたじゃないかと。

それがアイマス2で4人をこちらから取り上げて「こっちでストーリー作ったから、残りの7人(+2人)で頑張ってね」って来たわけで。

俺はこの何年間もずっと11人と仲良くやってきたのに、余計なことすんなと。
ずっと楽しみにしてきた「2」を冠したナンバリングタイトルだったのに。

SPの美希については、スピンアウトということで、触れない(買わない)ことで済ました。
そのSPから新しい仲間が加わる、それは構わない。選択肢が増えることは大いに結構じゃないか。
だが、わざわざユーザーの自由度を切り崩してまで、そんなストーリーはいらない、蛇足だ。

まあ、SPの頃から「不要な設定・ストーリーを押し付けてくる」という、製作側にスケベ心があるんじゃないかな~という嫌な印象があって、実際のところがどうであれ、今回の情報の出し方でそれが非常に強く印象付けられてしまった。
アイマススタッフに、ストーリーテリングの手腕を期待している人ってそんなにいるんだろうかね。

Jupiterについては、「男性アイドルユニットがライバルとして登場」自体は、むしろ大賛成だ。
現実の賞レースだって、男女のアイドルが同じレコ○ド大賞みたいなものを争うしね。

全ての根は、やはりこの「ずっと手元にいたグループから、4人が取り上げられた」ことから始まってる。




今回のバンナムさんの一連の動きについては、「そもそも炎上マーケティングを狙っているのではないか」という考察はあるんだけども、それだと話は終わってしまうので、そうではないという前提で話を進めていく。

雪歩の声優交代
→「竜宮小町」の発表(プロデュース出来ないかも?という情報)
→「Jupiter」登場、「竜宮小町」の使用不可明言、オンライン対戦無し

簡単にここまでの流れはこんな感じかな。
今は些細な情報でも、ネガティブ要因として叩かれる空気が完全に出来てしまっているね。
それほど、情報の出す順番、出し方が酷かった。

まあね。いろいろ言えない事情はあるでしょう。
例えば声優交代については、アイマスファンの方なら「まあ、こうなるのも仕方ないな」と察することのできる事情がいろいろあったので、ここではこれ以上触れない。アニメの世界でこういうことは良くあるんだと思う。

何がマズかったっていうと、バンナムのKYさ、ようは情報を出す流れや内容がすべて最悪に近いものだったということ。

独占インタビュー! 『アイマス2』男性ライバルユニット“ジュピター”、そして“竜宮小町”の秘密を総合ディレクター石原氏に訊く! - ファミ通.com

どうでしょう、Jupiterに対する雄弁さに比べて、竜宮小町に対するとってつけたような言い訳。
これがまた、火に油を注いだね。

もし言えない事情があるのだったら、誰にでも分かる嘘を並べる、出来の悪い官僚答弁みたいなことを言わず、「2では旧作の4人が使えなくなりました。ゴメンネ!」で良かったんだ。
キャスティングの問題だったら、いっそ全く登場させないほうがマシだったかもね。

バンナムの広報戦略ってどういう風に決められてるんだろうと、ちょっと冷静になるとそこら辺にむしろ興味が移ってくる。




個別の問題についてこんな意見

・竜宮小町
自分にとって、大きな問題はここだけ。
いろいろ書いたとおり、使えないのは嫌だねやっぱ。
ただ、今から4人をプレイアブルにするというのは、(もし「実は使用可能」ということになっていれば別だが)大幅な改変が必要なので、現実的には無理だろう。
せめてL4Uのようなライブモードが別に用意されていて、そこで13人で自由にユニット編成出来るのならね……

・Jupiter
これは良い仕掛けだと思っている。個人的には展開が楽しみだし、歓迎なんだけど…
ただ、アイドルマスターって自分(またはニコマスP)みたいな層は決してメインターゲットじゃないと思う。
最大の顧客層は、所謂アニメファン、ギャルゲーファンだろう。
そういう層が「劣等感を刺激されたくない」という心理でイケメン男性キャラに対する嫌悪があるとする。
そういう前提でこういったマーケットを分析する意見もよくあるね。
実際、そういうアニメやゲームでも、そういった点を考慮してつくられたと思われる「男の(男女関係の)匂いが全くしない」ものが多いよね。けいおん!のような男が排除されたもの、主人公以外の男が攻略対象に手を出さないゲーム等々。

キモ○タ乙!とか、そういう事を言いたいわけじゃないよ。
仮に今まで、そういう層をメインに据えた商売だったら、2と冠したタイトルで、その層を切りにいったように感じられてしまうというのは、果たして良い仕掛けだと言い切れるんだろうか?
「元々自分の手元にいた4人が離れてしまう上に、イケメンが出てくる」
ゲームというのは自分がコントロールすることが楽しいわけで、意思に反してこの男女アイドルがキャッキャウフフと絡んでいって、それを避ける手段がないのではないか、という不安が、このJupiter登場に対する反感なのかな。

自分に分かりやすく咀嚼すると、最近の和製RPGに見られる、プリレンダムービーでストーリーが製作者が決めたまま勝手に進んでいって、自分がやれることは、ただそれを見ながら時々ボタンを押すだけ。
そういう、ようは製作者のオ○ニーを見せつけられるゲームになっちゃうんじゃないかという不安が、アイマス2に投げかけられているってことかなーと。

一消費者としての希望と、客観的に商売としてどうなんだろうという疑問がここは相反してるな。
なるべく多くの人が納得いく設定になっていてもらいたいものだ。

・オンライン対戦無し
個人的には、無くても仕方がないと思えるけれども…
先日ニコニコ生放送でやった、無印のオンライン対戦が楽しかったし、かなり盛り上がったので、やはり出来れば欲しかったな~と思う。

・いわゆるAKB商法
もともと、ゲーム外部の動きについてはあまり興味の無い方なので、関心のある問題ではないのだが、あまり良い印象ではないよね。その方が絶対儲かる!ってならともかく、そんな効果ないならやる必要は全くないね。

ほかに気になるところは、MA2プロローグの出来かな…
「the idolm@ster 2nd mix」はアイマス2公式トレーラー3の時点で曲もダンスもアレだった(竜宮小町のPVが曲もダンスも良かっただけに尚更酷かった)ので、もういいのだけど。
団結2010ですかね、問題は。
更新された歌詞がことごとく酷い。これは内容そのものよりも「これでGOサインが出たスタッフの体制」に疑問が起こる。
この歌詞はネタなのだろうが、まず分かりづらい。アイマスの各キャラ設定が分かっている人じゃないと読み取れない。
自己紹介曲ならば、その歌詞によって誰が聞いても、その子のキャラクターが読み取れる・推測できる歌詞じゃないと。
もともと分かっている人だけが、何とか意味は把握出来るというのではダメだろう。二次創作じゃないんだから。
ディレクターさんが作詞にクレジットされているので、これにクオリティチェックを入れられる立場の人がいなかったんだろうか。

歌の方も「どうしても変えなければいけないパート」だけを最低限再録して、他の部分は旧団結の使いまわし。
実態は分からないが、手抜きの印象が拭えない。
まあ、今までも微妙な曲自体は幾つもあったけどね。
一連の流れも加わって、このアルバムによって「アイドルマスター2全体、更に個別の楽曲などへのクオリティ管理」への不信感が増してしまった。






今のtwitterや2ちゃんねる、ブログ等々で見られるユーザー側の荒れ具合の根は、個々の問題に対する不満もあるが、何よりも「バンナム・アイマス製作スタッフ」に対する不信感にあるんだろう。

一消費者の声が広がる時代になったんだよね。「黙って買うか、去るか」の時代は過ぎたんだなーと。
まあ必ずしもその声が提供側に届くわけじゃないけど。

残念ながら、アイマスユーザーとはいえ一枚岩じゃないので、今回の件でもユーザー間の対立が起きてるようだ。

周辺でもそういう騒動があるので、言いづらいところもあるんだけども、「俺は賛成だから反対意見を言うな」は賢明とは言えないかなー

そもそも反対派の矛先は製作側に向いていて、賛成派の人に何かを言ってるわけではない。
突然横から殴られたという印象になってしまう。
「嫌なら黙って去れ」のカウンターとして「良いと思うんなら黙って買え」と反論されたら平行線だ。
賛成ならば賛成の論拠を粛々と主張して、製作側への応援メッセージという体で発信するのが最良では?

「嫌なら見るな」「嫌だから見せるな」という論争は、普遍的なものだと思うけど、少なくとも今のweb環境では「嫌なら見るな」の対応をするしかないと思う。
少なくともweb上では、一個人の声が大きく広がる時代なわけで、そうなれば自分と異なる意見でも否応無く目に付く。それが嫌なら、相手に対応を要求するのではなく、自己防衛するしかないんじゃないかな。

まあ大抵web上での論争は、相手側に抑制を強いる、指図をするような物言いに見える方が、より悪い立場に置かれやすいね。

俺個人は、自分と異なる意見でも何でも、とりあえず何でもインプットしたい性質なので「嫌だから見せるな」的な人の考えがあまり理解出来ないかもしれない。その点で何か冷たいことを言っていたら申し訳ない。
ええ、他人の愚痴やネガコメ見るのが好きな、悪趣味な人種です。
自己弁護するなら、自分は多種多様な人が、それぞれどんな考え方を持っているのか。そういうことに対する興味がとても大きい人間だと思う。
そこで自分が多数派なのかマイノリティなのか、受け入れられるのか拒絶されるのかは、あまり興味がない。
だから、自分と相反する意見を持っている人とでも、いろいろ接触して相手の考えをもっと知りたいと思ってる。

まあだから、思いが昂じて行き過ぎてしまった人もいるとは思うんだけど、あんまりそういう人を囲んで追い込まないでやって欲しいなと。




消費者の声が広がるといっても、結局、提供されたものを買うか買わないかという受身の立場であることは変わらない。
ただビデオゲームというのは、事前に出された情報や、口コミを判断材料にして買う商品だ。
そこで判断を誤って失敗したのならば自己責任、情弱乙ってやつだ。
だからこそ「買って(プレーして)から文句を言え」というのも、これはこれで的外れ。

(あくまで法律や倫理に反さない程度で)消費者は自由に声をあげたり行動したりしていいと思う。
その声の中で疑問があれば、それに対する反論もありだろう。ただし、ディベートの体を守ってね。

ユーザーの行動というものの一つとして、web署名というものがあるらしい。
先日のニコニコ生放送で、それに関する質問があったときに、懐疑的な意見をしてしまった。
あまりweb署名について詳しくない状態で言ってしまったので、至らない発言だったら申し訳なかったと思う。

ただ自分は「web署名というものの信用性、実行力」「娯楽商品の法的・社会的な問題以外に対する消費者の直接的干渉の是非」「ニコマスという正当性の無い世界にいること」辺りの理由で、積極的活動には一切参加しないつもり。




とりあえずアイマス2と、その周辺に関する周辺の問題について、自分の考えを整理するつもりで書いてみた。

まあやっぱり、せっかく楽しむためにこの界隈にいるんだから、こういう中でもなんとか楽しく時を過ごして行きたいと思ってる。

ニコマス界隈でも、活動を休止したり、動画を削除・非公開にしたり、twitter等のアカウントを削除したり、そういう行動に至る方がかなりいて、とても寂しい。
出来れば閉じこもるくらいなら、不満を大いにぶちまけてスッキリしてくれる方がよっぽどいいんじゃないかと思ってるけど、いろいろな性格があるし、仕方ないことかもしれない。

自分は、ニコニコ生放送でも、真面目くさったことばかり言っていてもしょうがないので、ネタをちょくちょく挟みながら話してる。見てる人の不満を吸い上げつつ、そういうくだらないネタを楽しんでもらえていれば何より。

まあここ最近の生廃っぷりが酷くて、カードの使用額ががが…となってるので、しばらく自費の消費はセーブしていきますw
(先日とても盛り上がった、アイマス無印オーディション対戦生放送は、魔汁Pの提案で行い、放送のスポンサーにもなっていただきました。皆でとても楽しい時間が過ごせたんじゃないかなと感謝。)

とりあえず生廃を少し自重して、ずっと作りたかった単品を仕上げるか、その前にちょっと1本作るか、その辺で動いてますが、例によってうpうp詐欺になったら本当ごめんなさい・・・

あ、一応単品作りましたよ!

これだけなのに、2時間もかかったよ…久しぶりにプレミアエレメンツで作ったら、いろいろ忘れていた。
2年半ぶりの単品がコレかよ!という暖かいお言葉を頂きまして、申し訳ない気分でいっぱいです・・・w

スポンサーサイト

コメント

ぶっくりP #-

生と動画に癒され(?)ました

初めてコメントさせて頂きます。ニコマス架空戦記界隈で動画を作成している者です。律子派自称の自分は、一連の騒動初日(TGS)で直撃弾を受け灰になった気分でしたが、その後きつねさんの生放送や上記の動画等で若干の気力を取り戻させて頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。今回の件、今後も二、三の悶着は起こりそうな感ですが、ともかくバンナムには今までアイマスを応援して来た多くのユーザーに、失望感と喪失感を与えた事を理解し、真摯な取り組み姿勢で臨んでくれることを願って止みません(期待は薄いですが……)。

2010.09.23(Thu) 16:55 | URL | EDIT

#-

お水おいしいです

2010.09.23(Thu) 20:56 | URL | EDIT

通りすがり #-

ニコマス界隈に身を置く一人として、賛成派と反対派の対立には心を痛めるばかりです。

個人的には反対派の意見がまっすぐ制作側に向かっていれば問題ない(少なくともユーザー間には)と思うんですが、他に漏れてしまっている部分があるのが気に掛かります。
例えばこうしてブログとか自分の作った動画で言いたいことを言うのは、それこそ「嫌なら見るな」で済んでいると思うんですが、関係のない、もしくはその話題をするべきでない掲示板や動画にまで延々とネガコメ、もしくは開発者への文句がついている状況が賛成派から「文句があるならいなくなれ」と言われる状態になってしまっているんじゃないでしょうか。

勿論賛成派も言葉を選ぶべきだろう、と思えることは多々ありますが。両者ともショックは受けているでしょうが、反対派の方がダメージは大きいでしょうし、気遣ってあげてこそ仲間だろ、と思う面もあります。

何にしろ、両者とも周囲が見えてくるまではとにかく冷静になる事が一番必要なことなんじゃないかと思います(それが一番難しいんでしょうが……)

2010.09.23(Thu) 23:07 | URL | EDIT

どっかの底辺P #-

コメント失礼させていただきます。

私は、今回の騒動についての直接の発端となったところに立ち会うことができなかったので、ツイッターの短時間での豹変振りに、何があったのかと驚いたものでした。

今回の件では、私自身はそのせいもあってか冷静でいられていると思いますが、おっしゃるとおり、いなくなる方々が続々と出てきているのはとても寂しい。誰とは言いませんが、ニコマス、つまり私がアイマスと出会った何年も前の当時から動画をUPしておられた大ファンのPがいなくなり、虚無感のようなものを感じています。
そして周りでは争いが起きているわけです。

私は、ニコマスという場所がとても居心地が良くて今に至ります。この居心地のよさが、できれば、もう何年かは崩れることなく続くことを願うばかりです。

どうしようもない文章ですが、そんなことを思ったのでコメしまた。
長文失礼しました。では。

2010.09.24(Fri) 02:20 | URL | EDIT

#-

アヌス…

2010.09.24(Fri) 02:23 | URL | EDIT

きんばら1099 #-

きつねpさんの生は他色々不満を抱えつつも面白を常に挟み込んでのdis芸に楽しませてもらってます。
なのですが
黒いテスト放送コミュのタイムシフト全然聴けませんー。
運営に不具合報告はしたんですけど、もし何かコミュ主さん側で
運営に対処の要請等だしてもらえるならお願いします。
生主さんに直接言ってもらった方がいいと思うので。気が向いたらお願いします。

2010.09.24(Fri) 03:41 | URL | EDIT

きつね #-

>ぷっくりP さん
はじめまして。いつも酷い放送ですが、聞いていただき感謝です。
僕等は何の権限もない受け手ですんで、最終的には待つしかないですね。
アイマスからはもう、楽しみを見出すことが出来ない!となったら、
そこで離れるしかないとは思いますが、そうならないことを願うばかりです。

>通りすがり さん
まあいろんな人間が世の中にはいるので、極端な行動をとる人は、どこにでもいますよね。
今回は反対派が優勢だから目立つだけであって、本質的に賛成派、反対派に固有の問題ではないと思います。
まあ個人の行動は縛れません。冷静になれない人はどこでも出てきます。
そしてそれが今の時代、web上で簡単に暴れまわることが出来ます。
もちろん、一線踏み越えれば、相応のしっぺ返しが来ますが。
本文の「自己防衛するしかない」の対象は、その行き過ぎた人達の行動も視野に入れて言っています。
(2つ下に続く)

>どっかの底辺P さん
やはり「今までのファン」としては、このまま皆で2に飛び込めれば最良でしたよね。
ただ、どうもバンナムさんはそうはさせたくなかった(そうすることが出来なかった)ようなので、仕方ないんでしょうかね。
この変化や争いが、コンテンツの飛躍につながるのか、没落につながるのか、どうなるんでしょうか・・・

>通りすがり さんと どっかの底辺P さんへの共通のお返事
自分自身は、現ユーザーが無理に結束する必要も無いと思っています。
商品のターゲットは、あくまで売り手次第ですから、ユーザー層をつくるのも、売り手の方針ひとつです。
また、そこに入るかどうかも個人の選択次第です。
もしアイマス2がこの変化によって成功を収めれば、そこに新しく、もっと大きなユーザー層が出来ます。
そこに自分がいるかどうか、確信は持てなくなってきましたが・・・

>きんばら1099 さん
いつもお付き合いいただいてありがとうございます!
芸風は酷いですが、聞いている人を楽しませようと、カブキンさんやてつろ~さんがいつも考えてくれているので助かっています。
外部ツールを使った生放送が、現在タイムシフトでうまく見れなくなっているようです。
おそらく運営の方も認識してはいる症状だと思うのですが、問い合わせてみますね。
それまで、外部ツールを使う必要が無い場合は、使わないでやろうと思います。

2010.09.24(Fri) 06:03 | URL | EDIT

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.09.29(Wed) 07:28 | | EDIT

K #-

アイマスDSでは涼の扱いに絶妙なバランス感覚を使ったのに…(情報をわずかずつ出し、ヒントを与え妄想させる。
体重だけでなく、まだ男性と発表してない頃のPVで、絵理から女らしい服とか似合うよね、と言われ黙ってしまうシーンとか絶妙)

「アイマスを乗っ取る為に生まれた」アイドルマスターゼノグラシアですら、男を出すのをためらい、ロボに変換したのに。

かんなぎや平野綾、ストライクウィッチーズ少年兵騒動とかあったのに。

何であそこまで無神経に男アイドルを出しアイマスレギュラー陣と絡ませようとするのかさっぱり分からん。
混ぜるな危険とか寝取られは無いとか言いつつ、木星からアイドルを守らなきゃいけないとか言ったり、
憎まれるキャラと言いつつ、ラジオでは実はいいキャラ演出やCD出そうとしたり。
ディレ1の言ってる事、やってる事が支離滅裂すぎて信用できない。

そして声優の盾。
もうアイマスはこれで終わったと断言してもいいんじゃないかな。

アイマス2で木星が絡まなかろうと、実は小町が使えても
客は10分の1も戻ってこないよマジで。
もし以前の半分の人気でも取り戻したかったら事前に誠意ある
対応と以前の無神経な対応をした事への謝罪をするべき
それでも半分。半分は戻ってこない。

2010.10.14(Thu) 12:12 | URL | EDIT

コメントの投稿


トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

2010.09.26(Sun) 13:32

トラックバック URL

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きつね

Author:きつね
きつねは寂しくても死なないと思いますが、気軽にコメ入れてやってください。

my works

狐狐庵 検索

Games

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。