狐狐庵

ニコマスでの活動報告や告知など

KAKU-tailDSを終えて 2

前回は募集形式について書いたけど、
次は、これも一部で意見のあった「参加者作品の内容」について。

この件については、感情的な反発が多いので難しいけども、とりあえず率直に私の考えを。



結局のところ「面白ければ何でもいい」と「面白ければ何でもいいのか?」の対立なので、これはどうしようもないかなとも思うのだけどね。

ニコマスでは昔「ちん刊アイドルマスターランキング」などが出た頃、実はこういう論議は一回通過している。
だから昔からいた人にとっては、こういう論議に対しては、それぞれ思うところは違っても、「今更か」と感じる人が多いんじゃないかな。

カクテルの参加者動画に関して、運営がNGを出すのは「ニコニコ動画の運営によって削除されるおそれが非常に高い映像などの素材」だけ。
冗談めかして「乳首が見えたらアウト」と言っているけど、別にエロはけしからん!というわけではなく、おそらくニコ動運営がその辺りを削除基準にしているであろうということから。
実写のグロ画像とかがあったら「その写真を使うのはやめてくれ」と言うだろうけど、それも削除基準にひっかかるかもしれないから、ということだけ。
あとNG出すとしたら、個人情報やプライバシーに関わることかな。

「表現」に関しては、一切干渉しないつもり。
そもそもニコニコ動画では、AVだったりゲイ男優だったり酷い素材はいっぱいあるし、アニメやゲームの女性キャラに対する性的表現で酷いのはいっぱいある。
アイマスは他ジャンルに比べれば大人しいけど、エロサムネやエロネタのノベマスやら、iM@SアブノーマルPVやら、いろいろあるしね。

「単品ならいいけど、カクテル(または大規模な祭り)ではやめるべき」
という意見もあったけども、それも同意しかねる。何が違うのかと。
もし、自分の気に入らないものを排斥する為の理由付けとしてカクテルを権威化しているのなら、それはご勘弁願いたい。

もっと積極的に検閲をしたくない理由は以下の2点
・その表現(例えばキャラいじり)に関して「何がOKで何がNG」かなんて決められるものではない。
・上記の基準を細かく決めたとして、それをいちいち精査するのは、面白さを失わせる為に労力を割くようなものとしか思えない。
いろいろ独特な倫理感を持った方々には申し訳ないが、私は正直、この辺の是非を判断すること自体が無益なことだと思っている。

そういえば私は昔、ある方の作った動画が非常に不快だと感じたことがあって。
自分の大好きなアーティストの、すごい思い入れのある曲が、自分から見たら相当酷い使われ方をしていたから。
でも、今となっては何とも思わない。その人はその表現が自分にとって、また見る人にとって、良いものだと思ってやったのだろうからね。その気持ちは同じ作り手として尊重している。
現に、「○○Pの○○愛を感じた!」のようなコメがその動画にはかなりついていた。
「傷つく人がいるかもしれないから」をやりだしたら、何も表現出来ない。

私の例えは、対象がアイマスではなく曲だけど、これも同じことでしょう。
特にアイマスMADというのは、PVならアイマスとは関係のない曲を合わせたり、架空戦記やノベマスでも、他所の題材とのコラボレーションになっている作品が多い。
こうなると、アイマスと合わせた相手方のジャンルのことまで気にしなくてはいけない。
「アイマスさえイメージが守られれば、他はどうでもいい」ということなら、何処かアイマス好きな人だけのクローズドな世界でやってくれと。
「アイマスキャラにこんな曲使うな」「この曲でアイマスキャラなんか使うな」
これ言い出したら、MADなんて作れないよ。
規制や自重を求めるのは、意外なところから跳ね返ってきて自分の首を締めかねないから、やめた方が賢明じゃないかな。
世の中気に入らないものは幾らでもあるんだし、スルーしておきましょうよと。


ニコニコ動画では、ひとたび何かのネタに火がつけば追随する動画がいろんなジャンルから大量にあがってくる。
自分にとって不快なものでも、もうそれは止められない。
完全に「嫌なら見るな」の世界になっていると思う。
うっかり間違えて(釣られて)見てしまったら、それはもうさっさと忘れるしかない。
そもそもニコニコ動画って、倫理感や道徳観を誇れるような場所ではないでしょ?と。
半分は悪ノリで出来ているようなものじゃないか。
アイマス外で流行ったエグいネタでも、いつアイマスとくっつくかわからない。
でも、商業上のメディアより、いろいろな面で規制が緩いことが、面白さの一因なのでは?

特に二次創作の作り手は、この件に関して迂闊に「こういう表現はよくない!」をしない方が良いんじゃないかと思う。
例えば、皆がやってるからといって、貴方もやったエロ釣りサムネ、そんな動画が溢れることが誰かを不快にさせてはいないか?
今回の件が「ネタ動画」だから叩きやすいのだろうけど、ネタではない動画だって誰かを不快にさせている可能性は十分ある。
貴方のPVやノベマスのお決まりの配役や扱いが許せないと思っている人もいるかもしれない。
本人にとって、その作品が好きなアイドルへの「愛の結晶」のつもりだとしても、他人にとっては精液をぶちまけたおぞましい代物にしか見えないかもしれない。
そんな人が「俺の○○が傷つけられた」と嘆いて見せても「お前が言うな」で終わってしまう。
この問題について攻撃的な言動をしていた方々は、『愛を免罪符に、自分達だけは言いたい放題やりたい放題か』と言われないよう、自らの普段の真を対象とした言動や創作品を振り返ってみてはどうだろうか。
自分も相手も両方OKなのか、両方NGなのか。どちらが自分達にとって住み良い世界なのか、頭を冷やして見極めてもらいたい。




この話題に関しては、こういう記事があったので、この方の記事について触れながら進めていく。
http://nafaland.blog84.fc2.com/blog-entry-48.html
(青文字が引用部分)

私は、根本的な部分でこのエントリに疑問を感じるところがあるので、その部分について。

>それこそ、想いの限りその全てを込めて大切にしている車を所有していた
として。必死で前金を工面して、幾年月ものローンを越えて。時間があれば
洗車にいそしみ、時に磨き、時にいじり、自分はこの車を10年先も20年先も
乗っていたい、そう思うほどの車を所有していたとして。

果たしてその車に10円玉で引っ掻き傷をつけられたとしたら。
皆様はどういった反応をするのでしょうか。


この前提に凄く引っかかった。
それほど、「真」というキャラクターへの思い入れが強いのでしょう。
だが、例の動画を「自分の所有物を傷つけられた」としてしまったら、その時点で動画の作者を犯罪者呼ばわりしていることになりはしないか。
事情を完全に把握していない人がこの例え話を見たら、動画の作者がとりあえず「悪いことをした」という認識を持ってしまう可能性もある。
そもそも、そのキャラクターに思い入れを持つと、他者に先んじて所有権を主張できるものなのだろうか?
所有者の立場で物を言えるなら、それはバンナムという法人だけではないのか?
この方ではないけれども、その思い入れの強さから、真を自己の占有物かのように語る人がいたので、余計気になったのかもしれない。

「自分の持っている車を面白おかしくデコレーションしていたら、何処からか変な人が来て『俺の車が傷つけられた』と騒ぎ出した」
ちょっと極端にしてみたけど、こんな前提で話を進められたら、真好きな方にとっては嫌な気分にならないか?

例え話に徹底した正確さを要求するほど野暮ではないけれども、前提があまりにも一方的過ぎると私は感じた。
件の動画の作者達は、彼らなりに真剣に取り組んで動画を作ったもので、それをいきなり被害者と加害者の立場にされては堪らないだろう。

この件について、ちょっとtwitterでpostしたら、あるユーザーから「それは車というよりブランドとした方が正確では?」という返事が来たのだが、それならこの記事自体も話の流れが変わってくるはず。
やはり、この前提とする例え話は、少々手前勝手ではないか?と思う。

この方は、そのあといろんなところで「ちんポジ」とか「ガチムチ」だとか、そういうコメがついたり、それを元ネタにした動画がいろいろあがったことに、ひどく傷いているようだ。
これについても、ただ皆先人の真似をして、それぞれ自分の所有している車におかしなデコレーションを施していると例えれば、話は全く違ってくる。

この辺についての私の意見は、既に上で書いてしまった。
何かあれば派生品がいっぱい出てくるのは、ニコニコ動画の流れとして確立している。
そこはもう、どうしようもない。
それに、「元動画はいいけど派生は許せない」という主張は、あまり理解されないと思う。
結局、その表現が気に入らないということを言っているのには変わらないのだから。
流れが確立している中で、環境や他者に苦言を呈するよりも、自分がどう受け流すかを考えた方が健康的だと思うし、私はそうしているつもり。
「貴方は貴方の真を可愛がっていればいいじゃない?」とかはたぶんそこらで言われているだろうけど、それ以外言いようがない。

この方は、その辺りのことは理解されているように見える。
自分の動画を振り返ったり、他のキャラクターでもそういう流れがあったことなどに触れてらっしゃる。
だからこそ、もう一歩進んで、割り切って欲しい。そう思う。
今回だけは他に比べて行き過ぎなのか?例えば、私は女性の体型をあげつらった「72」ネタも十分悪質だと思うが?
それでもあらゆる所でこのネタは使い倒されている。ガチ動画でも隙あらば「72」に関わるコメが入る。
結局、そのOKとNGの線引きは無理だ。貴方が書いているように、貴方が本当は理解しているように、単に真の番が回ってきただけだ。
それでもNGだというなら、他のキャラのネタもすべて否定したほうがまだ筋が通っている。

そしてこの方の文末のメッセージ。気持ちは分かるがここにも言いたいことがある。
『やめろ』とは言いません。言えません。
だからこそ、それで嫌な思いをしている人がいるということも。
勝手な願望かもしれませんが、同じ動画投稿者として。
心の隅に置いていてほしいのです。


行間を読める普通の人ならば、これは「やめろ」というメッセージであると当然感じるはず。
「俺の気持ちを考えろよ、どうすればいいかわかるだろ?」とミもフタもなく翻訳したら怒られるだろうか。
もちろん、本音では止めて欲しいんだもんね、仕方ない。
私は嫌いなものはハッキリ言うけど、それによって他人の行動を縛ることはもっと嫌なので、こういう時はだいたいこういう。
「俺はそれ嫌いだけど、まあ好きにやればいいんじゃない?」とね。
彼の文章はとても品のあるソフトな言い回しだけど、そうやって要求を言外に匂わすのは、申し訳ないがあまり好きじゃない。

既に書いたことを繰り返すが、二次創作に関わっている人間だからこそ、派生品を含めた他者の作品の表現に対する干渉は迂闊にしない方がいいと思う。
表現の幅が広いほうが都合が良いはずの作り手が、自己の不快な部分だけを都合良く抉り取って制限しようとすることが、どうしても賢明な行動とは思えない。
それをコミュニティに認めさせることに成功したとしても、いずれ自分的にOKなつもりの表現も、出来なくなるかもしれないということは、容易に想像がつくはずだ。
記事とは全く逆の結論になるが、私はそう思っている。
ただ、少なくともこの方とは、ちゃんと話しあえば分かりあえる気はする。考えていること自体はそんなに違わないはずだ。




この記事の方は節度と常識のある普通の方だと思う。決して相手を誹謗中傷しているわけではないし、あくまでそういった「行為」に対して問題提起をしているだけだ。
ただ、ある方がtwitter上で懸念していたことがある。
このエントリのような思いを錦の御旗として、抑圧的・攻撃的な行動を取る人が出てくるということを。
実際、「この人も同じこと言っている!」とこのエントリを提示しつつも、せっせと元動画の作者を口撃していた連中もいた。
勿論、このような輩が出てくることに、このエントリの方は何ら責任はないが、つくづく残念な流れではある。

私は残念ながら、公開の場で、まるで被害の当事者であるかのように振る舞っている人達を、あまり理解することは出来ない。
どんなに真が身近な存在だとしても、客観的な判断では、真はバンナムが権利を保有する、架空の登場人物である、という事実は変えられない。
自分の中の世界では自由に所有欲を満たして構わないが、考えの異なる人がいる場で、他者へ影響しうる発言をするとき、「真はあなたのもの」だとは認めてくれない。
真に対しても、アイドルマスターというゲームに対しても、思い入れの深さはそれぞれだし、例え思い入れが深くても表現の仕方、許容範囲は皆違う。




実のところ、この程度の表現でネガティブな反応が起こるとは、それほど思っていなかった。
真の男扱いも、ガチムチとのコラボも、既に幾つも先例があるからだ。
むしろ、だいすPの雪歩動画について、何らかの問題提起があると思っていた。
別に「雪歩の方が可哀想」とか、そういう観点ではなく、「性具らしきもの出すのはOKかNGか」という、映像の問題に関わるからだ。
真動画のような表現については、カクテルの参加動画としてOKかどうかという俎上に乗せる必要も無いと思うけど、こちらについて「判断すべき」という意見ならば理解できる。
まあ、ちょっとは考えたけど、最終的にこれで削除はないだろうからOK、そういう結論に達した。
スポンサーサイト

コメント

りっぷる #okDlUq9c

 初めまして……ではない気がしますが(笑)面識ないのでとりあえず初めましてw

 自分がニコマスを知ったのは2007年の暮れ頃なので、ちん刊等の話は詳しく知らないのですが、その後MSCなんかでも「面白ければ何やってもいいのか」「アイドルをこういう風に使った動画が上位に残るのか」みたいな話があったと耳にしました。(多分私よりきつねPの方が詳しいでしょうが)

 そんな流れも含めて基本的にはきつねPが書かれた通り……というより、そうする以外に手がないと思います。不特定多数が集まり試聴するイベントで「どういう表現が彼女たちらしい」とか言いだしたらそれこそ紛糾必至の大炎上。決められるわけがない。

「やったことに対して反省の色が見えないのが問題」なんて論調もありましたが、そもそも反省しろとか謝罪しろってことは、上で仰っている通り製作者サイドに何か問題があったと認めてるようなものですし。つまるところネタをネタと見破れない人は(ry

 何より上述の問題点に対して主催者であるきつねPが何らかの動きを取ってしまったら、それがこの祭りのルールになってしまいますから。アイドルとお題以外に、極めて判断しにくい恣意的な見えない縛りが加わることになる。まさにニコマス版「運営の削除基準」が。

 それでも今更になってこういう議論が再燃したのは、前述のような過去の経緯を知らない方々が次々ニコマスに参入してきていることに加え、望む望まざるにかかわらずカクテルというものが権威化してきていることもあるんじゃないでしょうか。

 もちろん前回のエントリから、きつねPが「カクテルにそういった特別な力や権威があるとは考えていない」ということは分かっているつもりです。

 しかしながらタグロックではない公募型という数少ないイベント形態。ある程度の視聴者数が保障され、かつクオリティや実績に定評があり……ニコマスという狭いコミュニティの中で見てしまうと、このイベントの特殊性や巨大さというのは無視できないレベルで見られちゃうんじゃないかなと。

 誰もが一度は参加してみたいイベントであり、ニコマスを代表する祭でもある。そういったものになったこと自体は喜ぶべきことだと思いますが、それゆえ参加したPの作品がさも「ニコマスのスタンダード」としての位置づけを持つような「錯覚」を、見る人に植え付けてしまう。そんな一面も顔を覗かせつつあるのでは、と思います。
 んで、そんな中でやれPSKだのガチムチだのが「ニコマスを代表する動画」としてカクテルに登場しているという「真実に近い錯覚」のもとで視聴者に受け取られ、しかも反省する気配がない⇒けしからん……という不幸な流れが発生してしまったのかなあ、などと勝手に想像しています。
 ただこればっかりはきつねPがどうこうできる問題なのか疑問ですし、しかし確実についてまわる問題でもあるので、解決策を私から提示はできないのですが……

 今回の件について異議のある方ほど、ニコマスにおけるカクテルの重要度・権威性について主催のきつねPと認識の乖離が生じているのではないか、と思います。ゆえに前回の記事でもあったニコマス⇒祭・カクテルという議論のすり替えが生じてしまうのでは。あくまで個人的な考えですが。

 最後になりましたが、一人のPとして、もし機会があるのなら私もカクテルに参加してみたいです。お題とアイドルを消化しきる自信は今のところ皆無ですがw 上述のようなことはあれど、様々な表現を受け入れつつニコニコできるカクテルであってほしいと願っています。

長々とすみません。失礼いたします。

2010.06.15(Tue) 14:48 | URL | EDIT

Buna #-

ひとつ前の記事に長々と書いたものです。
すみません、こちらの記事にもちょっとだけ。

真の扱いについては、きつねさんの仰る通り、千早の72ネタやあずささんのババァネタと同じくもう定番なので、カクテルに出てきた作品が今までにないくらい酷いとは思いません。数が集まってしまったのも偶然ですし、それを出すべきではなかったとかはまったく思いません。

ただ、きつねさんに文句があるとすれば、真をM@co.jさんできれいに終わらずにそのあとにカブキンさんのを持ってきたところですね。カブキンさんはテーマは真ではなく美希ですが、言いたいことは分かっていただけると思います。
うん、あれは今考えてもちょっとあんまりでした。
作品提出に遅刻が多くて組むのが大変とかあったとは思いますが、カブキンさんはちゃんと提出されたと聞いていますし、M@coさんはまぁ遅刻されたとしてもガチだと言うことは分かってらっしゃったと思うので。

M@coさんできれいに終わっていたら、それまでのネタを笑い飛ばせた方も多かったと思うんですよ。
それも、きれいな真がまったくないならともかく、ちゃんとあったのにあれでは、「みんなが見ている大きなお祭りで酷い仕打ちを受けた!」と言う印象で終わってしまった方がいても仕方ないかな、と思います。
あと、あの配置はカブキンさんも気の毒だなーと思いました。まぁカブキンさんは素材を出しちゃったので同情してた気持ちが若干減りましたがw

以上でっす。

2010.06.16(Wed) 03:47 | URL | EDIT

名も無き道 #-

こちらでは初めまして。
先日、ようやっと全てのカクテルを視聴し終わりました。

楽しかった。
幸せだった。

もう、これ以外の言葉は出てこなかったです。
これだけの祭を纏めるのですから、
きつねさんの苦労は相当なモノだったのではないでしょうか。
本当にお疲れ様でした。

リアルタイムで視聴できなかったのが悔やまれますが、
何時でも視聴できるっていうのも、NET故かもしれませんねw

それでは、勝手ながら次回も楽しみにさせて頂きますね・・・・・・
【その時】に実力がついていたなら出場もしてみたいですね(ボソッ

2010.07.04(Sun) 20:45 | URL | EDIT

#

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.11.03(Wed) 01:52 | | EDIT

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きつね

Author:きつね
きつねは寂しくても死なないと思いますが、気軽にコメ入れてやってください。

my works

狐狐庵 検索

Games

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。