狐狐庵

ニコマスでの活動報告や告知など

祭り(企画)についての話のつづき

リンクをちょっとずつ追加しながら 5&6
このエントリに頂いた返信は長くなりそうなので、新たにエントリを起こしました
これを受けて思ったことなどなどありましたら、またお気軽にコメどうぞ~。

「ニコマスの企画(特にタグ企画)について」と「カクテルの募集方法」
内容的には2つに分かれる感じかな。
んじゃ、イッテミヨウ



まずはタグ企画について
最初にご意見頂いたのは、小町P

ちょうど現在、こちらの企画を主催されてます。

まずご返信から。
> 突発と言いつつ開催日を後日に設定しちゃった小町Pですw
> 今まさにタグ祭りを主催してるわけですが、自分の企画に思い当たるところが多すぎて反省しきりorz

いや決して小町Pにあてつけわけじゃないです・・・アセアセ
よく見ると「企画告知が突発」なので、間違ってないと思います!大丈夫!w

確かにちょーっと長いかなと思いますが、でも狙いとしてはすごく尖ったアイデアで、
面白いな~と思いつつ、現在タグ追って楽しまさせて頂いてます。
実は、ちょーっと歌ってみようか考えたけど、勇気が無いので踏ん切りつきませんでしたwww
10月中に何か心変わりでもあれば、やっちゃうかも?

期間に関しては、ハイドPからこのようなご意見
> 突発タグ祭であれば、確かに「ネタ☆MAD」の二日間は十分な期間だったと思います。
> しかし「ロックフェス」ぐらい長い期間を取った祭も、「参加作を見てから作りたくなって参加」という流れが生まれやすいのは面白い効果だと思う。
> さすがにしょっちゅうでは閉口しますが、たまには長い祭もいいなぁと思う祭好きの意見でした。

この期間に関しては、あくまでも「タグ企画が全体として長いものが多い」という一般論であるとお考えください。
例えば、告知開始から開催日までが短いものは、ある程度の期間を置くことで、その「参加作を見てから作りたくなって参加」という流れも生まれる場合もあるでしょう。
ニコマスロックフェスは、告知がかなり早く行われていましたが、ロックという裾野の広いジャンルで、主催側もかなり寛容な条件設定もしているし、季節に合わせた単なる「ジャンル縛り」だけではない雰囲気作りもあったりで、2週間という開催期間は、非常に良かった。
ネタ☆MADは、「勢いに任せてやり逃げる」という雰囲気が出て、この開催期間はちょうど良かったかな。

他の御意見としては、RDGさん
> つい最近行われた「Voc@loidm@ster」は3日間でしたが,実に良い開催期間だったんじゃないかなあと思いました.短くて濃い.
> 結局,祭の終了後もそのタグは生きるわけで,その方向性の動画を作るきっかけになれば良いんじゃないかなあと.
> でも1ヶ月くらいの開催期間のものもあってもいい気がするんで,祭というよりは,交通安全週間的な雰囲気で「今月は○○推奨期間」みたいにしたら良いかも知れんですね.


うてにゃんP

> 私としては2,3日の方が密度が濃くて一気に楽しめて良いかなあ、と。
> 最近の祭りは、数日したら存在を忘れていることが多いくらい。
> 参加する人的には、期間が長い方が参加しやすいのかもしれないですが、見てる側からしますと、短い方がたのしいかな。


まあ、「1ヶ月がデフォ」という雰囲気があるように感じたので、開催期間短縮を提案してみたんです。
Voc@loidm@sterは、ジャンルとしては狭いものだし、準備期間がしっかりあって、開催期間が絞られているため、非常に濃密になって、また見る方も追いやすかったんじゃないかな。
参加者に回るなら、開催期間長いほうが良いのは確かだけど、やはり見る側に回ったときは、当然短い方が、祭りをちゃんと追いやすい。
あまり長期に渡ってしまうと「再生数が伸びた動画だけあとから見る」という人の割合が、それだけ増えていくこともありえるかな?
勿論「全部短くしろ」というわけではなく、企画の内容として短く出来るものならした方が、メリットが多いんじゃないかなってことで。




RDGさんから、上とはちょっと別の話題について、その返信。
> 個人的な意見
> 年末に紅白的なものが開かれるのかどうかに少し興味があります.
といっても対戦とかじゃなくて(対戦に何の意味もないし),それぞれの嫁チームに分かれて「俺の嫁を見ろよ!」と大自慢大会的な作品の応酬.別に再生数が伸びるとか伸びないとかじゃなくて,「かわいくね,俺の嫁.かっこよくね俺の嫁」と見せ合うの.同じアイドルを好きなPさん同志(視聴者含みで)で盛り上がらないかなあ.
> でも,やっぱり数字が出ちゃうから難しいですかね.

実は、クリスマス・・・自体は雪歩誕生日とクリスマス単品作品のピークなので無理だけど、12月前半あたりに、クリスマスらしい、ちょっとした小さな企画やろうかなとか考えてたw
内容的にも、RDGさんのアイデアと共通する部分があります・・・嫁的な部分でw
まあ、ある方のある言動がきっかけで、その方と一緒に何かやりたい、それも思い切ったことを!
というのがこのネタ考えた経緯なんだけど、実現しなさそうなので書くだけ書いてみよう。
簡単に言うと、専属Pまたは専属色の強いPさんに10人集まってもらって、嫁に思い思いのテーマをつけてシャッフル。そんな感じです。
12月上旬だと美希や雪歩のPさんはなかなか厳しいし、これはどうせやるならカラーの強い方に集まってもらいたいし、何より「その方」のために考えた企画を転用したくないのでお蔵入りにしておきますw
あと、カクサバ2とかも考えたけど、これはMSC3があるから、江頭Pが運営に加われないので、これもまだまだ無理ですね・・・




で、カクテルを次やるとしたらの場合の募集方法について

小町P
> カクテルともなると300人くらい申し込んできかねないですから、先着定員制でやむなしと思います。
> 募集開始日に申し込みが殺到する件には、たとえば定員を2分割してちょっと間をあけて2回に分けて募集とかも、ややこしいけどアリかもしれません。


zeitさん
> 先着順と抽選、は似たようなものかも知れないけど、先着順の場合、行動の早い人と遅い人というのは先天的な差としてあるものなので、前回の様に1日で申し込みが埋まるような状況だと公平じゃないと思う。抽選の方が手間はかかるけど外れた人に納得がいくと思う。

うてにゃんP

> 抽選なら、公平かと思いますね。
> 先着だと、どうしてもPCの前に張り付いて時間待ちしている人のほうが有利ですから。
> 私個人の感覚なのですが、先着は不公平感がすごく強いですね。
> 正直、カクテル3の募集日に仕事が休みだったのは奇跡というしかない。


先着に関しては、やはりどうにかしようと考えてます。
2回に分けるにしても、結局忙しい人にはツライことには変わらないし。

カクテル2で本来やるはずだった、先着+抽選という手があるけど、
あれは正直、抽選申込者として名前を見てしまうとね・・・
まあここは自分の性格なんだけど、申込という形で人の姿を見ながら、
「運が悪かったね、ゴメンネ」と機械的に切るのは、精神的にツライんだよねw

そういう意味では、カクテル3で絵師さんを選考させていただいた形もつらかったけど、
これは自分の責任で結論を出し、それを申し込んで頂いた方々に伝えるわけで、
血が通っているという部分はあったと思うんだ。
せっかく申し込んで頂いた方にとっては、怒りも不満もあると思うけどね・・・
あくまでも自分に対して、筋を通しただけかもしれないし。



こんどはご提言に対する返事

小町P
> あと、カクテルぐらい知名度がある企画は、普段埋もれがちなPさんにとっては「いつもより作品を見てもらえる!」というチャンスにもなるので、さらに沢山の人に見てもらうための目玉商品としての優先枠はアリだと思います。

やはり募集手段をどうにかする意図というのは、この部分がある。
有名Pオンパレードは他所でやっていただければいいんだけど、
別に「頂点Pなんざクソくらえ」という反骨精神でやってるわけでもないからw
あくまで、いろんな人が一同に集まることに、カクテルの意義があると思っているけど、
ニコマスの裾野が非常に広くなった上で、現状の先着順の争奪戦のままでは、
見応えという面では、きっと辛くなっていくだろうと。

まあ、先着順もモチベーションの高い人が真っ先に参加してくれるという良い面もある。
その点については、抽選では全く汲まれないわけで、
そこが今ひとつ抽選に乗り気じゃない理由でもある。

ただ先着順は下手をすると、名前を連ねることが目的で終わってしまう人の
割合が増えていくこともありえる。
「ニコマス内では有名な企画だし、とりあえず有名人と一緒に出るから
自分は何も出来ないけど、名前は覚えてもらえるかもね~」のような、
記念受験的なことを公言されるのは、正直あんま気分良くなかったw

自分は小町Pが書いているような、「いつもより作品を見てもらえる!」という方の、
踏み台としてカクテルが存在できたとしたら、やった甲斐があったなーって思える。

客寄せパンダ的な役回りになることを承知で、参加してくれている人もいる。
だからこそ、無名だろうと新人さんだろうと、「この機会だからとにかく何かやってやるぜ!」
って意気込みの人に参加してもらって、これに応えたい。

動画の公開順を一任して頂いている最大の理由は、
いわゆるPの格(例えば再生数的なヒエラルキー)を取っ払ってでも、
できるだけ皆の意気に応えたい、というのがある。
・・・力及ばずな部分、汲みとり切れなかった部分については平謝りですが。


具体的な提案はzeitさん
> 後は枠の住み分け。サバイバルのような匿名性に意味がある場合と違うのだから、シークレット(招待)、有名P専用枠(募集)、一般P枠(募集)、という風に分けてしまえばよいと思う。まあ有名だけど実績がない、というPもいるから扱いに困るかもだけど。
「有名P専用枠」の”有名”の定義とは何か、”実績”とは一体何なのか、たぶんその規定から線引きまで運営で決めるってことになるのでしょうか。
まあ、正直ありもしない客観性を繕うのは面倒なので、「俺の好きな人優遇しました」のほうがまだ気分的にスッキリしますw
結果的に有名な人を選ぶことになるとしても、そういった階層論議は、スルーしたいですね。
シークレットについても、あくまで「カクテルでこの人の作品がみたい」とか
「この人と一緒にやりたい」という、私個人の職権濫用枠であることは常々公言してます。

> あと、前回参加した人は次に参加できない、という縛りを作る。シークレット見てもそうなってるし、悪いことではないと思う。多くの場合、祭は祭好きな常連的なP達が中核になるので、それを外した祭というのは様相がかなり変化して新鮮なのではないか。タグ系祭なら、それだと盛り下がるかも、と心配なところだけど、増えすぎて困る状況なら問題ないし。
上の話にもつながるけど、もし優先枠を作るなら、むしろ「今まで参加してくれた人」を優先したい。
カクテルは1に参加してくれた方々と一緒に土台を作り上げたと思ってるし、
それ以降の「自分も輪に加わりたくなった」という方々、
そういった輪の広がりのようなものを大事にしたい。
カクテルが2,3と大型化していった裏には、
そういった両方の人達を切りたくなかったという考えが強い。
見てくれた方からの「良かったから次回希望」はすごく嬉しいけど、
やっぱり、参加してくれた方からの「良かったからまたやりたい」が、
3まで続けてきた原動力かなぁ。

だから、出来ればカクテル1参加者は優遇したいと考えているし、
それ以降でも、カクテルで話題を作ってくれた方、貢献してくれた方
(これは参加時期・回数に関わらず)も大事にしたい。

未参加者というコンセプトはシークレットにも既にあるので、
「次のカクテル」として、未参加者限定にするというのは自分の選択肢には無いです。
参加者側の「前回のキャラは○○だった、今回は何だろう」という、
継続的な楽しみは大事にしたい。

更に大型化するなら、野球のフレッシュオールスターみたいな感じで、
本募集とは別に新人さん用カクテルを作るというのもないこともない。
本募集そのものが拡大するよりはマシな選択かもしれないけど、
それでも更に運営側も拡充しないとキツいし、
常連さんと新規参入者の間に壁が出来てしまうという、
自分としてはあまり望んでいない方向になるかも?という不安もあるかなぁ。
ここの賛否は、特に参加する可能性のある方に聞いてみたいかもしれない。

こう全否定みたいな形にはなってるけど、
zeitさんの、企画の見応え(盛り上がり)的な観点での意見は、
ひとつの提案としては、アリだとは思います。
ただちょっとドライすぎて、カクテルが出来た経緯も大事にしたいので、
これについては、ビジネスライクに割り切る気がないってあたりでしょうか。
小料理屋の店主みたいなもんで、常連さんや新しいお客さんとの
コミニュケーションが楽しくて、この企画やってますって感じですかねw

結局、自分が楽しくて、仲間が楽しんでくれて、
それで見てくれる人も楽しんでもらえたら最高という、そんな馴れ合い的理想論です。




またアホみたいに長くなった・・・
書いていて結局、自分の我がどこまで通るかが知りたいのだと自覚・・・
それを踏まえて、最後に、率直な意見を聞きたいこと。

・適正と思える参加人数

 見る側、参加する側で意見が違うかもしれないけど、どういうスタンスでも。

 3並みかそれ以上の場合は、例えば「金・土の2夜で3週間がいい」とか、
 上述の「フレッシュオールスター的なものの創設」など、
 そういうアイデアも出していただけると助かります。

・運営による招待・優先枠ってのはアリ?

 これは質的な側面と、常連さん優遇策の折衷的なものかな。
 カクテル既参加者が優遇されることになる。
 選考の仕方によっては内輪だ何様だ的なコトにもなるだろうけど、
 抽選で切るのはあまりに無機質なので、批判は覚悟の上の提案。


まあ、あまり真剣に考えず、ついでに思ったこととかでも適当に書いてくださいw
スポンサーサイト

コメント

RDG #-

カクテル3で終了すると思っていたのに,カクテル4があるような流れですね.
前回書かなかった,カクテルに関して.完全に,見る側としての個人的な意見です.

>・適正と思える参加人数
前回の濃度が限界ですかね.
3週にわたってしまうと少し疲れてしまう気が・・・
短期集中的なワイワイガヤガヤのお祭り騒ぎ部分が失われないかなあという恐れがありますし.

>・運営による招待・優先枠ってのはアリ?
賛成.やっぱり運営者が楽しいことが絶対必要条件でしょう.
でも,ニコマスへの新規参入Pが参加しにくいのも寂しいなあと思うので,
最低限の初出場枠を設けてほしいかも(5-10くらい?)

あとは,先着順にするのなら優遇枠・先着枠・抽選枠を設けるのはどうですかね?
先着最後の10-20枠分は抽選.そしてキャンセル待ちを作る.
どうしても参加できなくなったPさんがいたら,キャン待ち順に参加権利を得る.
実現可能かわからんので,単なる提案です.

話は変わって,
>クリスマスらしい、ちょっとした小さな企画やろうかなとか考えてたw
これは期待してても良いですかねw? 
毎月のように誕生祭があって実現が難しそうですが,嫁合作はぜひとも見てみたいです.

2008.09.25(Thu) 09:37 | URL | EDIT

うてにゃん #-

・適正と思える参加人数
3は、枠拡大でたくさんの方が集まって、大変賑わいのある祭りになったと思います。
ただ、多すぎて追うのが大変でしたw
80人くらいでどうでしょうか(招待枠は別途で)
気になったのが3で緊急出演が多かったこと。
少なめにしておけば、あとあとの調整もしやすそうなので。
まぁ、80でも結構な人数ではあると思いますけどねw

・運営による招待・優先枠ってのはアリ?
ありですね。
きつねPさんが見たい!って思っているPの作品が募集で
漏れるなら、こういうところで救い上げたり出来ますし。
そういう招待枠Pの作品も楽しみの一つです。
他の運営の方々にもそういうのあると思いますし、むしろ枠ふやしちゃうとかw


RDGさんのキャンセル待ち、良いなあ、と思いました。
上でも書きましたが、ドタキャン(?)多かったですから。
そういうときにすばやく対処できるシステムがあるのは良いことだと思います。

2008.09.25(Thu) 11:23 | URL | EDIT

zeit #ssipyxQM

 内輪でやりたい、というとパターンが2つ。1つは「ちん刊」や「黒薔薇」のような、内情は祭と変わらないかもしれないけど、表面は合作あるいは作品集にしか見えないというものです。古い言い方をすると同人作品。内輪を意図するならそういうクローズドなものにするのが自然だと思います。

 もうひとつは、優先枠と一般枠を設ける場合。優先理由は、一般参加の人が納得するならなんでもいいと思いますよ。何らかの客観的な基準がないなら、大多数は納得しないんじゃないかと思うだけです。また、主観で枠を作ったら企画が成立しないとも思いません。賛同できる人だけ参加すればいいんだから。キツネPのホームパーティーに遊びに行くようなニュアンスになるでしょうね。別に弟子入りでも道場破りでも何でもいいんですが。実際のパーティーと同じで席順を配慮すれば、できない企画ではないと思います。

 私が気になるのは、参加する人は趣旨に賛同して参加するのか?という事です。おもしろそうだから参加した、という人は、面白くなかったら後悔するでしょう。名が売れそうだから参加したという人は、名が売れなかったら後悔するでしょう。誰でもいいから来てくれ、と言えば、てんでバラバラな思惑で参加するのは当然のことです。こういう目的なら参加して欲しくないと思うなら、それを事前に明示するのが主催者の責任だと思います。

 参加者の数ですが、人数というよりというか時間として90~120分くらいに収めて欲しいと思います。1作2分なら45作~60作でしょうか。普通に生活していてプライベートに使える時間ってそれくらいだと思うからです。私の周囲にはカクテル3見てない人が何人もいます。1人、昨夜寝てないけど頑張ってカクテル見るよ、という人がいたので私は「体の方が大事だから寝てください」と言ったら、「わかった寝る」と言って、それきり心が折れて脱ニコ廃してしまった人もいます。1度ウラシマ化したら、追いつくのって難しいですからね。1時間で見れるものならそうは言わなかったでしょう(^^;)。まあ、ニコ廃止めるのも悪いことじゃないかもしれません。

2008.09.25(Thu) 17:36 | URL | EDIT

まな板 #-

これ読んでると自分がカクテルなんて高尚な祭りに出てよかったのかと思ったり・・・w
もともとがまったり楽しむことだったのが気付けばとんでもなく大きくなっていたんですよねー。

>適正と思える参加人数
正直、前回のも名前、曲補正のないところは飛ばしてる方結構いるんじゃないかと。
自分もそうしないと消化(嫌な言い方になりますが)できないくらいの量だったもので。

>運営による招待・優先枠ってのはアリ?
あり・・・ですけども、シークレットというには意外性に欠けてきていると思います。
でもあれだけ参加していれば、参加していないPを探すだけでも一苦労ですかねー。
ただ、あんまりにも内輪っぽさが出るのは好きじゃないです。

好き勝手書きましたけどやっぱりきつねPがやりたいようにやるのが一番じゃないかなぁと。
やり方をはっきり提示していれば意見も集まるでしょうし。
でも、カクテルであることに気が行っちゃうのかなぁ。
ともかく次のきつねPの企画に期待してます。

2008.09.25(Thu) 20:43 | URL | EDIT

arakawa77 #feDURFr.

ああ、私は今までのエントリを見てなるほどなあと感心するだけでしたw
みんなのように積極的で具体的な案なんてそうそう出てこない。
思ったのは、みんなの色んな意見に対して、きつねPの考えが長文で
すぐに出てくる事。やっぱり大きな祭りの企画をされていると
今に至るまでさんざん悩んでるからポリシーがはっきりしているなあと感じました。

ニコマスの祭りだって、外部環境やジャンル、規模を考えれば
全く同じ条件の祭りはない事を考えれば、常になんらかの新しい
チャレンジがされているんですよね。
そうなると何が一番良いやり方なんて答えはないのでやっぱり
主催者の方の「俺はこれがやりたい」で突っ走っていいと思います。

とりあえず次の企画があるかもしれないって部分が嬉しかった。
尋常じゃない労力を考えれば気軽に待ってるよ!といいづらいのがあれですがw

2008.09.25(Thu) 23:46 | URL | EDIT

小町 #590u5PLs

壮絶に出遅れたorz

自分の企画の振り返りは一ヶ月後にするとして(←逃げた)
見る側の視点からすると、私なんかはカクテル2の60作品ぐらいがちょうどいい感じでした。

募集のやり方について、いくつか枠をつくるというのは面白いですね。優先枠として視聴者投票枠なんか作ると・・・大変ですかねw

キャンセル待ち枠は空きが出たからと言って急に「作って」っていわれても、無理な人もおおいでしょうから、全員動画は作っておいてもらって、欠員がでなければ、闇鍋パーティみたいな感じで、主催者と競演!てのはダメ?ダメですねw

2008.09.27(Sat) 01:54 | URL | EDIT

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きつね

Author:きつね
きつねは寂しくても死なないと思いますが、気軽にコメ入れてやってください。

my works

狐狐庵 検索

Games

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。