狐狐庵

ニコマスでの活動報告や告知など

iM@S KAKU-tail Party あれこれ Final

下書きのまま放置してあった記事発見orz
カクテル1のしめくくりって感じです。


カクテル1のレビューだけじゃなく、
こっちの方もこの記事で中途半端に投げ出してたので
3・本編の作品登場順
4・エンディング
あたりを書きます。
作品登場順に関しては、個別レビューにも一部書いてありますが、
全体の配置の考え方や、ちょっとしたエピソードなどを。

以下のルールを、基本的なお約束として導入。
・20作を前後に分け、前半10作で全アイドルを1回ずつ登場させる。
・自動的に後半10作にも全アイドルが1回ずつ登場する。
・同じアイドルは1動画中に入れない。
シャッフルした雰囲気を出す為と、
動画同士を比較しようとする気を起こさせないように。

まず、ありすえPだけは申込時にトップバッター決定。
そこからは頂いた動画を見た上で、並びを考えた。
ありすえPがいきなりぶっ飛ばしてくれたのでw
その次に誰を入れようかと考えた。
そこで最もかけ離れていそうな正統派で爽やか、
クオリティも高いMkPの作品を配置。

この後いろいろ考えて、1動画に5人×4動画の並び順を考えたトコでアクシデント。
ニコニコ動画で可能な限り高画質をUPするためには、
「ビットレートが約600以下、かつ約40MB以下」
でflvファイルを作らないといけないのだけど、ビットレート600近い動画にするためには、
再生時間が8分くらいが限度。1動画に5人入れると、8分を超えるわけで、
こうなると相当ビットレートを落とさなくてはいけない。
カクテルは2分で完成された作品を公開するという趣旨なので、
画質を落とすという選択肢は有り得ない!
大慌てで1動画で4人×5動画で順番を決めなおし。

そういうわけで、ありすえP→MkPの順番以外は全てリセット。
まずは各パートのトリ候補から考えた。
まずシークレットはトリにするつもりだったので、
桃月P以外に4人を選ばないといけない。
この部分については、実は各Pさんの代表作の再生数を参考にしてる。
ニコニコ動画視聴者としてはライトな私は、
誰がどのくらい知名度があるかとか、正直あんまり分からないもので。
決して良い指標とは言わないけど、何か客観的なデータも参考にしないと、
趣味の要素が強く出てしまうし。
視聴者の立場で考えても、好きなPさん、よく知っているPさんが来たら
「おー」ってなるのが人情だし。
「作り手としては考えたくないけど、企画者としてはある程度考慮すべき指標」かなあ。

次にパート2~5のトップバッター候補。
これは作品の冒頭部分のインパクトに注目して決めた。
逆毛Pの爽やかな青空。
アンドリウPの強烈なつかみネタ。
魔汁Pのテーマに対する回答。
デッドエンドPの選曲と花の演出。

頭とトリの候補を選んだあと、上に書いたルールに従いつつ、
作風を重視してパズルのように組み合わせ。
こうやると、ある程度納まる位置が自動的に確定する動画がある。
MkPのあとには、テーマ解釈の妙+ネタ要素がある、ななななな~Pの作品、
その次に、パート1を綺麗に幻想的にシメる、こんにゃくPのガチ作品。こんな感じで。
まあ、ルールで選択肢を狭めておかないと、
延々と「もっと良い順番があるんじゃないか」
みたいな悩みは尽きない気がするw

ただ実はこのとき、M@co.jPの動画だけはまだ手元に届いていなかった。
(まあ遅刻ですが、遅刻OKというのは明言してあるので無問題)
以下のように、とりあえずの仮置きをしていた。

       #4    #5
3番目 M@co.jP ねこP
4番目 桃月P   わかむらP

しかし、M@co.jPから頂いた作品は、とんでもなく話題になるのが確実。
ただこれは、他を食ってしまうという可能性も同時に持つわけで。
桃月Pの作品は良質であれど、シンプルなつくり。「食われる」かもしれない。
流石に初音まこの直後はちょっとツラいだろう、そう考えて組みなおす事にした。
・・・もしかして「引退宣言は凄いインパクトだったし、大丈夫でしょ」って思った?
構成しているときは、引退なんて情報、まだ出て無かったからねえw
「それでもわか様なら、何とかしてくれる!」とかいろいろ思ったりして、
最終的には桃月Pを1つ前の#3、ねこPを#4のトリに、M@co.jPを大トリ前に変更。

こうやって最終的な順番が確定。
まあいくつかの「有り得た構成」の1つとして、悪くなかったと思いたい。



さてエンディング動画はまあ・・・作者皆さんのコメさえ伝えればいいやと思って、
あまりいろいろ盛り込む気は無かったんですが。
スタッフロール長すぎたねえ・・・そこ反省。
いつになったら終わるんだって感じになってもうた。
曲はもう、完全に趣味!
最後のBGMくらいは好きにさせてくれって感じですw
演出面でもう少しいろいろやるべきかなとも思うけど、
どうなのかな。シンプルに作者コメを伝えるのに徹した方がいいか、
うーん、ここは2でも結論でなかった。

とか書いてるけど、実際は、1も2もエピローグにまで余り力を入れる余裕が無かったorz
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバック URL

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きつね

Author:きつね
きつねは寂しくても死なないと思いますが、気軽にコメ入れてやってください。

my works

狐狐庵 検索

Games

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。