狐狐庵

ニコマスでの活動報告や告知など

何やかやをしているので…

こっちのブログが疎かに…ロクなこと書いてないから世間に影響は何一つありませんが。
もうちょっと半放置です…



とろっぷP 様
朱い月

またもや脅威の新人現る。
効果的なエフェクトに、イメージもピッタリなイラスト。なんか何でも出来そうな方です。おまけに画質良い。
御自分のセンスが何処にあるのか、しっかりと認識された上で練り上げている感じがします。素敵です。
ちなみに、sugermamaという、インディーズバンド(現在解散)の曲だそうです。
何と言うか、昔風に言うとどことなく「渋谷系」っぽい雰囲気で、良い曲ですね~

もう一本

赤ペンP 様
恋愛症候群

徐々に赤ペンP様の魅力に気付き出した人が増えているようです。何やら有名なP様(名前失念)のブログでも「いいよ~」って評価があったらしいとか。
余計なことは言いませんので、とくと御覧アレ。
ちなみに、以前ご紹介したRydeenが削除となってしまったようで…残念
スポンサーサイト

君と響き合って

(私の音楽生活5)
中学時代から前述のとおりMr.Childrenにハマりました。
今でも勿論一番好き。オススメなんてあげたらキリがないですが、ここ最近の曲に限定すれば、「ひびき」という「しるし」のカップリング曲。ホントに癒されまっす。
他にはThe Boom。島唄から入りました。島唄以降の民俗音楽のエッセンスを採り入れたスケールの大きな曲も良いですが、それ以前の「星のラブレター」などの和める曲もまた良いんです。
中高あたりからスピッツ、ポルノグラフィティ、WANDS、イエローモンキー等々、ベタなJ-POPを聞きまくって、この頃培われた嗜好が、今も続いている感じですねえ。



みずなすP 様
ミスター・ロンリー

知る人ぞ知る深夜ラジオ番組「ジェットストリーム」とシンクロさせた、まさかの作品。この時点で勝ちでしょう。
作者様推奨どおり、おやすみ前の視聴をオススメします。良い夢が見れそうです。

♪せーるふこんとろーbyグラサン

(私の音楽生活4)
小学生時代から、好きだったJ-POP歌手を振り返ってみます。
とりあえず記憶に残っているのはTM NetworkとTUBE。アイドルだと、当時は浅香唯が好きだった気がしないでもない…でもCD買ったことはないから除外w
TMはSelf Control、Get Wildは当時から好きでした。でも今カラオケで歌いたいって言ったらTIME TO COUNT DOWNかな。
TUBEは今年の夏は出てきたのかな…ここ数年の曲は全く知りませんが、シーズン・イン・ザ・サンと湘南My Loveがオススメです。ベタですがねw
浅香唯はCガールしか覚えてないな…可愛い曲です。80年代アイドルのブリブリ感があって微笑ましいんだなぁ…
ここらの人たちでオススメあったら教えてくださいね。



ワイルドランP 様
ガンバの冒険starringやよい

明るいOPにトラウマED曲というギャップがインパクト大の、あのガンバの冒険ですね~
キャスティングやコミュの使い方から何から、丁寧と言うか、それでいて嫌味が無いというのか…ともかく、自然とアノ頃のキモチに帰してくれる、そんな作品です。

チルヲタですから…

(私の音楽生活3)
中学生のときに出会ってから、今でも一番好きなのがMr.Children。牧瀬里穂が出ていたポッキーのCMソング「Replay」という曲にティン☆ときまして、「このみすたーちるどれんってよくない!?」と騒いでました。あっという間に次作Cross Roadで大ブレイクしましたねぇ。

勿論CDは全部持ってるわけで、その中から「ラブソング」とか「元気の出る歌」とか、テーマごとにCD-Rに収めて、6枚組みのマイベストアルバムに。こういうの、皆さんも好きなアーティストでやりますよね?選曲に悩むのが楽しいですよね!
このCDも、欠かせないドライブのお供です。



風野シュレンP 様
シビビーン・ラプソディー

うーらのはたけにビルがたつ ぺんぺん!
曲でホイホイされました。懐かしい!
小ネタの挟み方がウマいですね~
作ってて楽しかったろうな~とヒシヒシ伝わってきて、好感持てます。

ことばが大切

(私の音楽生活2)
私は洋楽はそれほど聴きません。歌詞が分からないからw
まあいくら勉強したとしても、やはりネイティブスピーカーほど深く理解することは難しいですしね。
その点日本語の歌なら問題ありません。
今まで私が好きになった歌手を振り返っても、やはり日本語の響きや、言葉の意味を大事にしているのが多いのではないかなと思います。
でもまあ好きな歌手を列挙したところで「お前趣味悪っw」で終わる方もいらっしゃるでしょうwまあエンタメなんてのは所詮、個人の好みや思い入れで変わるもんですしね。



赤ペンP 様
Rydeen 79/07

たぶん、賛否分かれる作品だと思います。
所謂、アイドルが歌を歌っている、またはバックダンスを踊っている、というシチュエーションを主眼にしたものではないです。
ひとつの映像作品として鑑賞するというスタイルで見ると、非常に心地良い時間を過ごせると思いますよ~
(2007/10/26追記)
残念なことに権利者削除になってしまいました。
ただ将来「俺はこの頃から赤ペンP紹介してたんだぜ」と自慢する為に、ここはそのまま残しておきます。

だから車の窓は開けられない

(私の音楽生活)
お気に入りの歌をi-podに詰め込んで、カーステで流しながらの車内カラオケ大会。それが私の日常です。ベタなJ-POPファンなので、誰もが知ってるような曲ばっかりですが。
それでも、特定の歌手以外では、ここ数年の曲は殆ど入っていませんね。年をとるとこうなるもんなんでしょか。
今年前半は不意に中森明菜にハマりました。もともと数曲は好きでしたが、パチンコの影響で一時期はベストアルバムを頭からずーっとかけてたり。あと、女性歌手にしてはキーが低いので、なんとか歌えたりするところも車内カラオケ向きです。
今年ティン☆ときたのは、中孝介かな。民族音楽も好きなんで、この系統にはだいたいヤラれるんです。



赤ペンP 様
恋一夜

工藤静香というと、中島みゆきの提供曲ばかり思い出しがちですが、コレも名曲ですね~
アイマスMADに於いて敬遠されがちな「9:02pm」をここまで活かし切ったモノは記憶に無いです。
楽曲のイメージを補強し、決して邪魔をしない作りで、気が付いたらこの作品の世界に、精神が溶け込んでいました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

きつね

Author:きつね
きつねは寂しくても死なないと思いますが、気軽にコメ入れてやってください。

my works

狐狐庵 検索

Games

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。